Yahoo!ショッピング

2019年11月07日

Accessのテキストボックスの内容をテキストファイルに書き出す

テキストボックスの内容をテキストファイルに書き出すサンプルです。
FileSystemObjectとかを使わなくても簡単にできますね。

Sub SampleMakeText()
Dim datFile As String
datFile = CurrentProject.Path & "\data.txt"
Open datFile For Output As #1
Print #1, Me.テキスト0.Value
Close #1
End Sub


以下はテキストファイルを読み込んでテキストボックスに格納する
Sub SampleOpenTxt()
Dim strPath As String
strPath = CurrentProject.Path & "\data.txt"
Dim strText As String
Open strPath For Input As #1
Dim i As Long
Dim strLine As String
Do Until EOF(1)
Line Input #1, strLine
strText = strText & strLine
Loop
Close #1
Me.テキスト0.Value = strText
End Sub
posted by 秘構竜 at 21:48 | Comment(0) | Office365

2019年11月05日

VBS でActiveDirectoryのユーザー情報を取得する

これを探していた。
ログオンアカウントをもとにADサーバに検索をかけたい。
すべてのクライアントPCにリモートサーバ管理ツールをインストールするのは非現実的だ。
コマンドプロンプトまたはVBSで検索し、情報を取得する方法を見つけた。
忘れないように貼り付けときます。
参照元Url:https://www.upken.jp/kb/kwDwOKCJXKgSAeckrkSMckTSFWgQJE.html
Option Explicit
Const SearchUser = "User1"
Dim baseDN, objRootDSE
Dim objConnection, objCommand, strCommandText
Dim objRecordSet, strUserDN
baseDN = ""

rem ベースDNの取得
On Error Resume Next
Set objRootDSE = GetObject("LDAP://rootDSE")
If Err.Number <> 0 Then
WScript.Echo "ドメイン接続に失敗しました。終了します。"
WScript.Quit
Else
baseDN = objRootDSE.Get("defaultNamingContext")
End If
On Error Goto 0

rem DCに接続して検索
Set objConnection = CreateObject("ADODB.Connection")
Set objCommand = CreateObject("ADODB.Command")
objConnection.Provider = "ADsDSOObject"
objConnection.Open "Active Directory Provider"
objCommand.ActiveConnection = objConnection
strCommandText = ";" & _
"(&(objectClass=user)(sAMAccountName=" & SearchUser & "));" & _
"distinguishedName;" & _
"subtree"
objCommand.CommandText = strCommandText
Set objRecordSet = objCommand.Execute

rem 検索結果を表示
If objRecordset.EOF Then
strUserDN = "ログオンアカウント " & SearchUser & " は見つかりませんでした。"
Else
strUserDN = objRecordset.Fields("distinguishedName")
End If
WScript.Echo strUserDN
objConnection.Close
Set objCommand = Nothing
posted by 秘構竜 at 23:12 | Comment(0) | 技術系

2019年11月04日

VBA テキストファイルから読み上げ API

VBAでテキストファイルを読み上げるサンプルを作ってみた。
読み上げAPIはWindows8.1から標準で搭載されているようだ。

Function welcomeRead()
Dim lngFileNum As Long
Dim strInData As String
Dim strFileData As String
Dim curentFolder As String
'カレントパス
curentFolder = Application.CurrentProject.path
'読み上げたいテキストファイル
If Dir(curentFolder & "\welcome.txt") <> "welcome.txt" Then Exit Function
lngFileNum = FreeFile()
Open curentFolder & "\welcome.txt" For Input As #lngFileNum
strFileData = ""
Do Until EOF(lngFileNum)
Line Input #lngFileNum, strInData
strFileData = strFileData & strInData & vbCrLf
Loop
strFileData = Left$(strFileData, Len(strFileData) - 2)
Close #lngFileNum
With CreateObject("SAPI.SpVoice")
Set .Voice = .GetVoices.Item(0)
.Speak strFileData
End With
Debug.Print strFileData
End Function
posted by 秘構竜 at 18:51 | Comment(0) | Office365

【温泉】ホテル・旅館ランキング(全国)
秘構竜の日記」の先頭へ