Yahoo!ショッピング

2019年06月24日

テキストボックスの文字列をコピペできない

テキストボックスに入力した文字列を ctrl+c、ctrl+v でコピペしようとしても上手くいかない時がある。
試しにメモ帳に貼りつけると先頭に「改行」が入っていたりする。
あらかじめ「改行コード」や「前後のスペース」は削除しておくよう前処理をしておけばよい。
vbsでやる場合をメモしておく。

strData = Replace(strData,vbCrLf,"") '改行コードを削除
strData = Trim(strData) '前後のスペースを削除
HTML VBA vbs
posted by 秘構竜 at 22:33 | Comment(0) | HTML

2019年06月23日

Centos7の起動時にWindowsの共有フォルダをマウントしたい

CentOS7で検証用のWebサーバーを構築した。
いわゆるLAMP環境ってやつだ。

その時なのだが、Windowsパソコンの共有フォルダをマウントしておくと便利だ。
つまり、ファイルの編集はWindowsで行うが、動作確認はLAMPサーバーという形。

Windows共有フォルダに接続するにはcifsを使う。

sudo mount.cifs //WindowsのIPアドレス/共有名 マウントポイント -o "username=Windowsのユーザー名,password=パスワード"


CentOS起動時に自動でマウントするには、/etc/fstabに以下のように記述すればよい。
(例)

//192.168.xxx.xxx/apli/dev/xampp/htdocs /var/www/html cifs username=Windowsのユーザー名,password=パスワード,defaults

posted by 秘構竜 at 14:06 | Comment(0) | Linux

VBSで特定のウィンドウを前面に出す IE制御

VBSで特定のウィンドウ(IE)を前面に出すというのは検索すれば沢山出てくるが、自分的に一番わかりやすかった方法をメモしておく。
ポイントは新規で起動したIEではなくすでに起動しているIEをURLで判定して捕まえるというもの。
(なお、タブで開いているIEは前面に表示できない)


Dim objWshShell, objShell, objWindow
Dim aUal
'キャッチしたいIEのURL指定
aUal = "https://www.yahoo.co.jp/"

'シェルのオブジェクト作成
Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
Set objWshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

'Windowsの数だけまわす
For Each objWindow In objShell.Windows
'HTMLDocumentだったら
If TypeName(objWindow.document) = "HTMLDocument" Then
'URLとタイトルをMSGBOX で 確認
MsgBox objWindow.document.Title & vbCrLf & objWindow.document.URL

If objWindow.document.url = aUrl Then
'アクティブにする
objWshShell.AppActivate(objWindow.document.Title)
exit for
End If

End If
Next

Set objShell = Nothing
Set objWshShell = Nothing

【注意点】
objWshShell.AppActivate の後ろに指定するのは [プロセスID]または[タイトル]のみ。
複数のIEを開いていて特定のIEを指定するのが難しい場合は、前もって [document.title] を特定しやすいタイトルに書き換えてしまえばよい。

vbs HTA WSH
posted by 秘構竜 at 09:40 | Comment(0) | 技術系

【温泉】ホテル・旅館ランキング(全国)
秘構竜の日記」の先頭へ